飴玉症候群
FtMの彼と付き合っています。大好きで愛しい彼との日常、FtMならではの悩み事とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
彼の実家へ★
実はエイプリルフール当日、つまり揉め電話の数時間後の早朝
彼から電話が!内容は、
「うち(実家)こない?」というもの

寝起きで寝ぼけてたので
「ん?う?うう、うん」
みたいに話を終えて電話を切る。

目が覚めてから頭冷静になってぱにくりましたwww
え?いくの?さっきの夢じゃないよね?
みたいな。

彼の実家は二つ隣の県。
特急電車まであと約3時間。
とりあえずご飯食べて着替えて準備して、
母の仕事先にいってきますって伝えてお土産を購入して
ちょうどギリギリ乗れました^^;ふう


彼とリアルタイムメールしながら行動。
お土産選んだりするときもわかんなくて電話しまくって
相当不審者でした(笑)


2時間半揺られ、乗り換えて15分。
ボタン押さなきゃドアが開いてくれない電車にはじめて乗ったのでびっくりしました!
「ドアは自動では開きません」のアナウンスにびびって
また挙動不審に彼にメール;;
「田舎なめんな!」って…初体験だったんだもの><;


ついた先では彼が待っていてくれて、
遠目からすぐに彼だとわかってもううれしくてうれしくて手を振りながら走っていって、
駅なのに思わず抱きついてしまいました(恥
てくてくしばらく歩いたら彼の実家。
初!どきどき!すごく緊張!


まずは彼の愛犬がお出迎え
吼えられるか心配だったんですが、
なんだか怖がられちゃいました(しょんもり
次の日には仲良しになれましたよ♪

彼のお父さんにも初対面、そして後からお母さんも仕事から帰宅。
どちらも彼にそっくりで、愛されて育ったんだなあって思いました。

彼が育った場所にいられてとても幸せでした!
お父さんにもお母さんにも本当によくしてもらって、
はじめてきたとは思えないくらい懐かしい感じがして
私も緊張はしたものの素で楽しめたと思います^^●
彼には「君すごいな」と言われるくらいの自由っぷり(笑)


変に壁作らないほうがいいですよねっ


夜は0時にベッドに入りました。
お布団引こうか?ってお母さんは言ってくれたのですが、
彼が「一緒に寝るからいい」って(*´`*)
久しぶりに一緒に寝れるのが嬉しくてうきうきの私。
ぎゅっぎゅしてる内にいちゃいちゃし始めちゃって、
興奮した彼にぱっくりされちゃいました(笑)
ご両親いるのに…汗

なので、口を塞がれながら><;
じゃあするなよ!って感じなのですが、
彼は口を塞いだりするのがすきなのです笑
あと久しぶりの私の反応がたまらなかったらしく
かわいいかわいいってたくさん言ってくれて
嬉しいやら恥ずかしいやら…


しばらく不眠症のように寝れなかったのに、
食べられた疲れと彼が居る安心感でぐっすり眠れました(笑)


翌日、ご両親が車で駅まで送ってくれて、
さらにおみやげもいっぱい買ってくれて、
彼は駅のホームにまで入って見送ってくれました…><
寂しくてつらかったけど、困らせたくなかったから
一人になってから泣こうと決めてた私…


だけど我慢できずに列車に乗ったとたん泣いてしまいました(;∞;`
横流れに見えなくなる彼を見失った後席についても
ぼろぼろ涙が出ちゃって、泣きながら彼の両親と彼宛のメールを
一時間かけて書いて送信しました。



一ヶ月あえないけど、
またきてねって言ってもらえて嬉しかったし、
次会えるときまで短期のバイトも掛け持ちしてがんばりたいと思います



ではでは♪





↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ

スポンサーサイト
[2011/04/05 03:15] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<うそでもいいから | ホーム | 存在証明>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

飴子

Author:飴子
あめこ(私)♀
甘いものとお絵かき大好き´∀`*
可愛い雑貨とかには目が無いです!

ついった→amecoxx

彼 ♂=FTM=
二歳年上の彼
自称ドS

最新記事

最新コメント

カテゴリ

count

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。