飴玉症候群
FtMの彼と付き合っています。大好きで愛しい彼との日常、FtMならではの悩み事とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
おでぶ
私は結構過食や拒食の癖があります。
そのせいで過去の過食時代の痕跡で肉割れもあったり…;;


今は彼がいるので食べ過ぎたり食べなさ過ぎたりってのは、
彼の監視下にいる私にはできません(笑)
でも最近ちょっと食べすぎちゃっておでぶ気味だったり。
あわわわ
彼が細身なので気にしてるのに、甘いもの大好きな私に我慢なんて!←


平均より体重は軽めだし太りにくいほうではあるけど、
気をつけないとおでぶ街道まっしぐら(^0^)
彼は結構力持ち(普通なのかな?)で、
私が歩き回ってるときにいきなり抱えあげてきたりするんですけど
よくバランスとれるなーとか、倒れないなーとか。
俗に言うお姫様抱っこってやつですwwww


これがある日いつものように彼が抱っこしようとして、
私が体重増えたがゆえにできなくなったりしたらどうしよう…
とかちっちゃな悩み。





どういえばあと数日で彼のお誕生日なんです!
その日を境に私と彼の年齢差は3歳に…
ひらくー
とはいっても彼は20未満に見られることもあるのですが(笑)
現在とってもお金が苦しい状態なんですが、
心からお祝いしたいなってあれこれ考えてます。
去年から!(^▽^;
去年はこんなにお金がピンチなのを予測してなかったので、
ちょっと計画とは食い違いつつも、
驚かせ&喜ばせたいなーと思ってます♪





↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
スポンサーサイト
[2011/07/27 19:45] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
# 無味
彼がつらいときこそそばにいたい
抱きしめて安心させてあげたい
そういつも思っています。


それでもだめならもっと抱きしめて
キスしたい
そう思います




昨日、
彼がいろんなことで苦しんでいて
抱きしめてもまだだめで
キスしたくて
でも今の関係でキスしていいのかわからなくて
前から言ってるように、彼はキスが好きじゃありません。


だから「ちょっとだけ我慢してね」って言って
キスしようとしたら、
体を引かれてしまって
「ああ、やっぱりだめなんだなあ」なんて思って
ちょっと泣きそうになったとき
「どうして我慢なの?」と彼がいいました。
「キスいやでしょう」
「嫌じゃないよ」


前からキスはしたいって思うって言われてはいたものの
自分からする勇気はなくて…
ゆっくり近づいて、彼もゆっくり近づいて
お互いにおそるおそるキスをしました。


それからは彼のほうからいっぱいキスをしてくれました。



なんかもう幸せしか感じることができなくて
キスの味とか感触とか
そうゆうのを感じる余裕がありませんでした。(笑)


なんか色々難しいこととかを考えなきゃいけないんだけど、
たまにそんなのどうでもよくなっちゃうときとか
あったりします´V`;







↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/25 17:53] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
離れて、寄り添って
ちょっとお久しぶりです。
毎日ゆっくり、少しずつ彼と近づいていっている気がします。


それはとても嬉しく、
以前よりも大きく幸せを感じることです。
時には話し合って難しい問題に触れたりすることもありますが、
こじれた紐をゆっくりゆっくり解いているみたいにして、
けっして諦めて切るなんてことはしないようにって思ってます。



先日、彼と抱き合いました。
頑なに「私を愛しいって思わないのなら、抱かないで」
と言っていたし、彼も処理のような行為は嫌だからと
以前ブログにも書いたような状況をつづけていました。


だけど、そうゆう体関係の話を繰り返すうちに、
私は何を難しく、頑固にかんがえているんだろうと思いました。
私が彼に初めて抱かれたとき、
お互いに好きという感情もよくわからない状態だった。
それをおずおずと抱き合っているうちに、
この人の体温はなんて心地いいんだろうと感じて、
ゆっくり愛しいっていう感情を覚えていった。



今こうやって中途半端に距離があいたりしてるのもさみしい
本音を言うと好きとかどうでもいいから触ってほしいって気持ちもある。
だから彼に話して、
彼も私には触れたいと思ってくれてたのか
「いいの?」と聞かれ、抱き合いました。


まあその最中に震度3くらいの地震がくるハプニングもあったのですが(笑)






今、彼は抱き合う以前とだいぶ変わったように思います。
残す課題は
「キス」と「彼の『別れない』という決断」です。
今日、彼は「キスしたいって思う、でもなんだか怖い」といいました。
彼はキスが苦手な人、できるけど、できるならしたくない。
そうゆう感じなのですが、私には普通にしてた。
むしろ、したがってくれていた。
それを本人は何故かわからないと言っていたけど、
ある人に「本当に好きだからできるんじゃない?」と言われ、
なんだか恥ずかしくて二人で笑ったり。


なんにせよ、もう半月以上キスしてないから飢えちゃいそうww
でも、我慢我慢。
ゆっくり待とうって決めたから…彼が混乱しないペースで。
ちょっと暇なときに考えてくれる程度でいいの(笑)





でも、いくら抱き合ったってキスされたって、
彼が
「別れない、一緒にいたい」
そういう時まで、私の居場所は不安定なままです。





コメント返信もう少しおまちください><








↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/19 22:35] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
正夢に
もしかしたら悪夢は
正夢になってしまうのかもしれない。


もしかしたらあの夢は
ただの夢ではないのかもしれない。
[2011/07/13 02:25] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
悪夢
朝の7時半ごろ、
悪夢で目が覚めました。



私が白い部屋で見えない誰かと話しながら、
時間をつぶしてる


「なんでその人なの?」
「なんでつらくないの?」



質問に答えたり答えなかったりしながらしてるうちに
時間が来て、
私は部屋を出てご飯を食べてから家に帰ろうとマクドに寄った。
まだ帰るには早かったから。
早く帰ってくるなって彼に言われてたし、
その理由も夢の中の私は知ってたから。
それがあたりまえだったから。



昔から知り合いだった男の人と一緒にバスにのって、
マクドに一緒にいくことになって。
自然と話す彼のこと。
男の人は驚いて「なんで別れないの?」
と聞いてきた。
夢の中の私はただ「好きだから」と答えてた。




ひょんなことで男の人が私の家を見ることになって、
ついてきた。
夢の中の私の家は12階で、
私は男の人を11階で待たせて様子をみてくることにした。
階段を上って、部屋をのぞくと、
薄暗い部屋の中で彼が下着一枚の姿。
カウンターに肘をついて、ベッドに腰掛けてテレビを見てた。
ゆっくり近づいてベッドを覗くと、



知らない女の人の裸の背中が見えた。




でも、それが夢の中では当たり前だった。
夢の中ではこんなの初めてのことじゃなかった。
夢の中の私はそれを理解しきってた。
それでもやっぱりショックで、
「ああもう少し遅く帰ってくるんだった」
なんて思った。
私に気づいた彼はめんどくさそうな顔をして舌打ち。


逃げるようにUターンしたところで、
目が覚めた。





ひどく叫んでいたらしく、
彼は私の悲鳴で起きてしまってた。
現実と夢の境がわからなくて、
怖い夢を見たんだろうと理解して抱きしめてくれる彼にしがみつきながら
泣いた。


言っても困ると思ったから夢の内容は黙ってたんだけど、
聞きたいって言ってくれるものだから話すと、
俺そんなんじゃねーよ!(泣)
とか言いながらゆっくり頷いて聞いてくれました。




今の状態に不安定になるのは自分でも仕方ない気がするけど、
彼をあせらせることなくゆっくり考えてほしい。
今は彼から抱きしめてくれるほどにまでなったのだから、
どんと待ち構えていたい。


でもやっぱりキスできないのは寂しいなあ(苦笑)









↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/10 11:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
彼公認ブログへ
以前ぽろぽろとこのブログが彼にばれたらどうしよう。
そんな言葉をこぼしていたのですが、
実は1ヶ月ほど前にさくっとこのブログのことを話してしまいました。


彼にブログがばれないように心配してくださってた方々、
すみません(笑)



元々「君とのことをブログにしてるよ」
とは言ってたんですが、
彼がFTMであることは書いてないって言ってたんです。
だって以前
「私がブログするとしたら君の事はどこまで書いていい?」
って聞いたとき、
「体のことは書いてほしくない」
ってはっきり言われていたから。
でもやっぱりこっそりやっちゃってたんですよね。



でまあ、ぽろりと言って、
彼は少し考え込んでいましたが、
今では
「人気記事○位になったよ」とか、
「こんなコメントもらったよ」とか、
彼にいろいろ報告したりしています。
彼が心配しているのは、身内への身バレなので…
そこに配慮を重ねて重ねて、ってね。


だからあんまりデートの内容も詳しくは書けないし、
画像もあんまり載せられない(笑)



でもこのブログは、同じ立場のFTMさんの彼女さんたちや、
彼の立場のFTMさん達から感想やご意見をいただけて、
交流できて、
彼への想いを書き残せる大事な場所です。



彼にはこのブログを見たければ見てもいいよと伝えていますが、
今のところ見るつもりはないようです(´∀`)笑





皆さんからいただいたコメントをたまに彼にかいつまんで
お話しちゃうこともあるのですが、許してくださいね!><








↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/08 00:44] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
恋と愛の




愛とは恋のように思い出にもできず、



失えば誰かを好きになる回路すら
奪われるものであり、



瞬間にして永遠で、



疑わず、あきらめず、



そして喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、
救われるものだと。



恋する人と出会い、




長い時間をかけて
魂が寄り添うことなんだ。












歌詞ではないのですが、
とても好きな言葉なので。
ツイッターの某RT、およびbotからの引用です。
これを読んで、
私が彼を失いたくないのは、
それが恋じゃなくて愛だからなんだなと
そう思いました。










↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/07 00:40] | 歌詞 | トラックバック(0) | コメント(0)
彼の腕 その中
別れるか別れないか
そのお話をしてからずっと彼には触れずに
触れられずにいました。


でも少しずつ彼のほうから触ってくれるようになってたんです。
だけど私からはやっぱり触っていいものなのかわからなかった。
毎晩少しずつこの先のことをお話して、
昨日の夜、また同じようにお話してました。
一進一退の話をして、私が伝えたのは主に
「愛されたくて君のそばにいるんじゃない」
でした。


愛してくれたらもちろんうれしい。
でも愛されたくて彼のそばにいるんじゃない。
私を愛すだけなら彼じゃなくてもできる。
でも私が何よりも愛しいって思うのは、
彼にしかできない。


彼にはなかなかそれが理解できないようで…



話し終えたあたりで、
いきなり彼が私を抱え上げようとしました。
昔から彼は私を抱え上げる振りをしては
「おもいから!(泣)」
と騒ぐ私を見るのが好きだったのですが…
そんな感じで、
私がいつもみたいに嫌がってバランスをくずした時に、
いきなり彼が抱きしめてきたんです。


懐かしい感覚と抱きしめられた驚きで真っ白になって、
しずかに「さわっていいの?」と聞いてから
彼の背中に手を回してずっとずっと泣きじゃくりました。


自分が世界で一番の幸せものに思えた。



もともと、
彼に抱きしめられてるときに
幸せでそれが不安で涙が出ることはあったんですが
今回のはなんかもうね!


ぐっしゅぐしゅ泣いて彼の腕をおもいきり濡らしてしまいました(笑)



あとは、
まあ大人のお話になってしまうのですが、
キスと体のコミュニケーションかな、と



彼はキスが苦手です。
なんか、むにゃってするらしい。
したいと思わないというか、むしろ気持ち悪いみたいな。
私もまあ同じ感覚を持ってて、キスは得意じゃありません。
でも彼は、私にいっぱいキスしてくれた。
「君にはキスしたくなる。初めてキスしたいって思える」
って言ってくれた。私も(笑)



昨日の夜、ぶっちゃけ彼にはセックスしたんですが…(こそっ
私は触れてもらってません。
だって、嫌だから。
私は彼が好きなままだからセックスすることに抵抗はないけど、
私に触れるならちゃんと「君が好き」っていう気持ちを持ってくれていないと、
キスもセックスも嫌です。
義務とか処理のようで…悲しくなる。



とか言いながらも今日女子日がきてしまったし、
あーあ。って感じです(´△`;)









↓よければぽちぽちっとお願いします><
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/07 00:23] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
終わりが見えたのはとても大切なことだった
どんなに大切でも、自分より大切でも、
いつも傍にあるとやっぱりそれが当たり前になってしまう


私は今回彼との関係の終わりの危機に直面して、
すごくいい経験をしたと思っています。
彼が喋っている事にすら幸せを感じる。



失うかもしれないっていう気持ちが
こんなに大切だなんて







彼と今の状態になったことを、
私はとても大切に思っています。
そして、経験してよかったと思っています。


私も彼も付き合い始めたばかりのような関係になっていて、
ちょっとのことが嬉しかったり、
幸せだったり、怖かったり。
好きという気持ちがもともとお互いによくわかってなかった
そんなあのころに戻った感じです。



あれから気まずいのが続くことも
避けたりすする、されることもなく
平穏に毎日が過ぎています。


昨日、少し彼とお話をしました。
彼は私が毎晩夜中にこっそり手を握って
泣いてるのを知ってたみたいです(笑)
まあどーせ起きてると思ってたけど!(´▽`;)
さわりたくてさわれなくて泣いてるんだろって、
理由まではっきりばれてました。汗




「毎晩泣いてまでなんで俺といたいの」とか
「なんでそこまでして俺がいいの」とか
いっぱい聞かれたりしたのですが、
なんかもうね、ここまで好きだと理由とかわかんない!
でも「好きだから」と答えるのとは何かが違う。


「どうやったら俺のこと嫌いになるの?」って聞いてきたり、
わざと乱暴っぽい口調を使ったり、
いやなこといったり、
(冗談で済む程度のものですよ!笑)



私が毎日つらい思いをしながら自分の傍にいるなら、
嫌われて楽にしてあげたい。
もうつらくならないでほしい。


彼がそう思ってるのをすごく体で感じる。
彼は私のことを大切にしてくれている。



彼は昨日「俺あの日から優しくないだろ?」
といってきました。
でも私は全然そう感じなかった。



元々私は彼に
「君は私に優しすぎるくせに、
 自分には優しくない。
 私より自分にもやさしくしてほしい」
という話をしてました。


今、その状態になりつつあるのかもしれない。
だとしたらそれは私にとってもとても喜ばしいことなんです。



まったりゆっくりの進行ですが、
徐々にいい方向に向かっていければなと思います。





↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ

[2011/07/05 16:09] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
リセット
こんにちわ。


彼のことをつづったこのブログですが、






これからもよろしくおねがいいたします。



コメントのお返事を後回しにしたままの更新ですみません、
先にご報告しておきます。


彼とはまだ恋人同士です。



いろいろ話ました。
いろいろ。



彼が別れを切り出してきた理由は、
喧嘩するときの私の状態に耐えられないから。


付き合い始めたときはちゃんとはなしあいできてたんです。
お互い大人に。
私が6月あたりにちょこちょこ更新してた、
ちょっと鬱気味な記事。
あれです。
東京に引っ越してきてから私はなぜかうまく話し合いができず
ヒステリックになるようになってたのです。



そっちの記事を参照してもらえばわかるのですが、
張らないでおきますね…(笑)



くわしいことは書きませんが、
彼は「別れた方がいいと思う」を切り口に、
私が何を言っても決意を固めてるようでした。
いろいろはなしました。


話して、終わって
保留になりました。
それが前の更新日の話。
あのあと話し合ったんです。



彼は最後に言いました。


「俺はもう今までみたいに君にやさしくできないと思う
 それは君自身が一番感じることだと思う」



今日までの彼。
私から見ると、彼は変わらず優しいです。
次の日あたりとかはぎこちなさがありましたが、
今はぜんぜん前のとおりです。
彼はそれをどう思っているのかはわかりません…


彼といろいろ話をして、
お互いの気持ちとか誤解とかを言って聞いて、
先に進むための変わる努力を始めています


でもやっぱり私も遠慮してしまって
触れるのもまったくありません。
昨夜、眠った彼の手をこっそり触って、
ほんとはほんの数日なのに、
あまりにも懐かしくて静かに泣いてしまった。




私は彼のそばにいたい








↓よければぽちぽちっとお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へにほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
[2011/07/04 01:34] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
プロフィール

飴子

Author:飴子
あめこ(私)♀
甘いものとお絵かき大好き´∀`*
可愛い雑貨とかには目が無いです!

ついった→amecoxx

彼 ♂=FTM=
二歳年上の彼
自称ドS

最新記事

最新コメント

カテゴリ

count

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。